展示予定

HOME > 

展示予定

展示予定

<2016年>
7月8日(金)〜10日(日)[1F]イラスト展
7月9日(土)・10日(日)[2F展示室2] グループ展 無心
7月21日(木)〜27日(水) (20日設営)[1、2階]
   animal party & 屋根裏の猫[ギャラリー企画展]
8月29日(月)〜9月2日(金) 
  2017SS HURRAY HURRAY 展示会・旅姿七人社
9月12日(月)〜17日(土) 子ども服展
9月26日(月)〜10月2日(日)[1階、2階展示室2]
       奈良芸術短期大学クラフト専攻科展
10月3日(月)〜9日(日)[1階、2階展示室]仮予定
10月11日(火)〜16日(日)(10日設営)家具・陶芸展
10月11日(火)〜16日(日)[2階展示室2]
       吹きガラス展(仮予定)
10月18日(火)〜23日(日)(17日設営)山上憲一展
10月26日(水)〜30日(日)ジュエリー展
11月5日(土)〜6日(日)写真展

<2017年>
3月29日(水)〜4月2日(日)[2階展示室2、3]
      シアン展(絵画・食器・立体)
10月12日(水)〜15日(日)(9日より準備使用)
      第12回「陶楽一座」展

※[ ]展示室の記入ない展示は1階展示室です。
※仮予定と記入の日程はキャンセルになっていることがあります。
※前後に搬入・搬出日としてギャラリー予約が入っていることがあります。

animal party + 屋根裏の猫ー参加者募集

屋根裏hp

ギャラリー企画展「animal party + 屋根裏の猫」展を開催します。
7月21日(木)〜27日(水)。
1階展示室では「動物」をテーマにした作品展示、絵画・染織・木工・ジュエリー・ガラスなどジャンルを問わず、平面・立体のバラエティにとんだ展示を考えています。
2階展示室では、ギャラリーの特徴の木造の梁などを活用した展示をします。こちらもジャンルを問いません。高い場所での展示になるので未経験の展示です。下から見上げたり、脚立か眺めたりという鑑賞方法を試みたいと考えています。
屋根裏の猫というタイトルですが、猫でない動物展示もいいなと考えています。

8人〜12人程度の方に参加頂ければうれしいですが、人数も順次決める予定です。
動物をテーマにした作品を制作されている方にこれからお願いの連絡をしますが、初めての方の参加も大歓迎です。連絡お待ちします。

写真は小田道子さんにお借りした作品、北川れい子さんの作品を置いてみました。

アイギャラリー企画展

詳細は未定ですが、いくつかの企画展を計画中です。
・ 異なるジャンルのアーティストに集まって頂くギャラリー企画展
 [春章ー16年4月15日〜21日、その後も企画継続します]
 [参加頂ける方を随時募集しています]
・animal party & 屋根裏の猫
 動物をテーマにした作品展 と 
 ギャラリーの空間特徴である屋根裏の梁などに猫作品展示 
 を同時に開催します。
 7月に開催したいと考えています。参加者募集中です。
・帰るトコロは
・ビシソワーズをどうぞ
・花らんまん
・地中からの声(地下展示室の初企画展です)
※多くの方に参加頂ければと願っています。
 参加願える方は、ご連絡下さい。

貸料金改定

16年4月より料金改定をしています。
2階展示室の料金を少し下げました。
短期間の料金も少し下げました。
7日間の料金は「アイギャラリーのこと」のページをご覧ください。

Gift〜生きる喜び〜<終了>

ミラクル絵柄DM
清原あゆ美 いそべ初音 ミラクルビューヒーリング二人展
ーミラクルビューヒーリングー
「目があった絵の具を混ぜた色々の中に、錯覚で見えた形を辿って描いたら、一つの答えが浮き出て絵が出来上がる」という奇跡を体験する絵画と癒しの手法。

Gift〜生きる喜び〜会場<終了>

ミラクル1
作品が描かれると思いが表出する描画手法とのことで、各作品にあらわれあメッセージが書かれています。
7日(土)初日からにぎやかに多くの方が来られています。

春章・shunshouー異なるジャンルの企画展<終了>

四月風絵柄アウトライン前
活動エリアが違い、扱うアイテムの異なる作家に方にお集り頂く
アイギャラリーの企画展です。
特別なテーマを設定せず、各アーティストの感性のままに、作品を
制作して頂き展示します。

<日程>
4月15日(金)〜21日(木)
13時〜20時(21日・最終日は19時まで)
<参加アーティスト>
辻えみ(油彩画)、辻モトミ(イラスト)、平井拓也(ジュエリー)
蕚淳子(日本画)、湊久仁子(吹きガラス)、巽美由紀(綴織)

春章ー新聞掲載<終了>

春章新聞
16日(土)、日日新聞朝刊に掲載して頂きました。
参加作家は6名ですが、設営時に記者の方に来て頂いた時は4名が準備中でした。
21日(木)までが会期です。是非お越し下さい。
13時〜20時(最終日は19時まで)

春章ー会場風景<終了>

春章会場
現在展覧会中です。
・蕚淳子(はなふさあつこ)さんは日本画で、蓮・水洗・牡丹などの花をテーマにした作品の他、発光するクラゲを題材とした作品を展示しています。
・平井拓也さんはジュエリーデザイナーで、個性のあるダイヤモンドを組み込んだネックレスやピアスを制作されています。「楽園」というシリーズではラクダ・ゾウ・シカをモチーフとした作品もあります。
・辻えみさんは油彩画で、ユキヤナギ・紫陽花・ナズナ等をモチーフに落ち着いた青系の色を使った作品を制作展示しています。
・巽美由紀さんは綴織で「まわりみちーぐるぐるまわるー」「まわりみちーいったりきたりー」の9cm角の26の小作品を壁面にちりばめての展示です。
・辻モトミさんはイラスト作品で、画面の中に人が溢れ、絵中の人が色々な話をしています。
・湊久仁子さんは吹きガラスの作品で、虹色に輝く片口・ぐい呑みを展示しています。深い青の中に星が組み込まれた鉢の作品もあります。

conTemporary Jewelry ver.1.1<終了>

con11-kaijo 
発展型企画:展示+公開制作
作家2名が、オリジナル作品展示販売の傍らで ジュエリー用ワックスを造形しながらお待ちしております。
少しでも興味のある方、お気軽にお越し下さい。
<日時> 4月23日(土) 11時〜19時
<参加作家>  庄田真弓 + 奥村京子

イロハ季節ーギャラリー企画展<終了>

四月風絵柄アウトライン前

イロハ季節ーirohadoki-
11月24日(火)ー30日(月)
13:00ー20:00(最終日19:00)
多ジャンルの活動領域の異なる方にお集り頂くアイギャラリー企画展です。
継続して開催している企画展で、これまであまり一緒に展示されたことのない方に集まって頂きました。
絵画系作家 ー K.Kough、松本和子、Eri Moon
ガラス作家 ー 吉田延泰
陶芸作家  ー 竹田和代
ジュエリー作家 ー 松田尚子

※アイギャラリーでは、継続して同じスタイルの企画展を開催しています。
上記ジャンルの他、染織・立体・木工・金工・革などジャンルを問わずに参加者を募集しています。
次回は4月開催予定で、参加者募集中です。

Photo Circle SKIP 写真展「SKIP 01 」<終了>

SKIP01

12月6日(日)ー13日(日)
15時ー20時(土曜日12時ー20時、最終日12時ー18時)
Photo Circle SKIP は、「写真を撮る・見せるを楽しむ」ことをコンセプトに総合的に写真を楽しむサークルとして、春と秋に定期写真展を開催しております。
秋の写真展「SKIP 01」は自由作品展です。個性豊かな作品群をお楽しみください。

出展者:ai いしまるけいこ 植村知弥 Yasuyuki Okura
    岡理恵 カトウジュンヤ 岸田圭司 清田翔也 
    くしきよしあき 清水伸浩 清水洋志 とくえゆうか
    本田亮二 水池葉子 宗岡貴之 (15名)

CUBEー感覚派フォトセッション<終了>

CUBE-hp

11月20日(金)ー11月23日(月)
11:00ー19:00(最終日18:00)

生まれた場所も、育った空気も、目指す未来も違う・・・
そんな6人が出会い、おりなす
感覚派フォト・セッション『CUBE』

栗原顕一郎/N.YURI/栗原啓子/コダマ/renepascal/rio.ashh

150人を超える来場者があり、連日にぎやかでした。

引き出しの中の落書きー色鉛筆画展<終了>

引出DMfb

Graffiti in the drawer
青木泉 個展 ブログ名:赤いポスト
11月11日(水)〜17日(火)
11日(水)・12日(木)・13日(金)、13:00-20:00
14日(土)・15日(日)・16日(月)、11:00-20:00
17日(火)(最終日)        、11:00-19:00

★幸せを運ぶ赤い郵便自動車が、出会いと別れを乗せた青いバスと一緒に人生という道を旅している絵です。★
強い筆圧で書かれた、柔らかな画37枚の展示です。
obasannolakugaki.blogspot.jp

陶楽一座展 – 第11回<終了>

陶楽一座DM1018 
11月5日(木)ー8日(日)
11:00ー20:00(最終日は17:00まで)
5名の作家による展示です。

山上憲一展 TIME CIRCLE<終了>

 山上hp

インスタレーション展
10月20日(火)ー 25日(日)
12:30ー19:30(日曜日は17:00まで)
過去・現在・未来の時間をテーマにされ、アクリルの角柱筒をベースに時計を組み込んだ作品です。
角柱の下部分に色変するLEDを組み込まれ、筒をラウンドは配置した作品です。
会場では掲示しているDMの写真の外側にもう一周より背の高い角柱が巡らされ、スケールの大きい作品となっています。

「KAGグループ展vol.03 残-ザン-」<終了>

名称未設定-1 [復元]

 開催日:2015年10月20日(火)-25日(日) [2階展示室]
11:00時ー19:00時、最終日は17:00まで
今年で3回目を迎えるKAG(Kansai Analog Group)グループ展。
今回のテーマは「残(ザン)」。 過去開催してきた「はな」「美男子」という明るく華やかなテーマから一変し、少しダークな意味合いを持つ漢字から一文字選びました。
これまで自分が見聞き体験してきた人生の中で残っているものについて見つめなおそうという思いが込められています。
「残」からイメージすることや思いを各作者が表現します。
ぜひご高覧ください。 pixivアカウントをお持ちの方はこちら
●KAG関西アナロググループ http://www.pixiv.net/group/?id=4889

ai gallery collection<お休み>

aic15

ギャラリーコレクションの絵画の展示。
これまで、アイギャラリをお使い頂いた方の作品で、
油彩・アクリル画・水彩・版画・鉛筆画・混合技法・染織など様々な技法の作品展示です。
15年8月末で一時お休みします。
時々、展示方法・展示室を替えて展示します。