展示予定

HOME > 

展示予定

咲き誇れ・新聞掲載

%e5%92%b2%e8%aa%87%e6%96%b0%e8%81%9e
アイギャラリー企画展、大阪日日新聞に掲載して頂きました。
設営時間に取材日を合わせて頂いたので、参加の6人が全員揃いました。
ギャラリー企画展では初めての「漆」「刺繍」の展示、天井から陶器片をつり下げた展示。
新しい要素のある企画です。

アイギャラリー企画展「咲き誇れ」

咲き3絵柄アウトライン後1
活動エリアが違い、扱うアイテムの異なる作家に方にお集り頂く
アイギャラリーの企画展です。
特別なテーマを設定せず、各アーティストの感性のままに、
作品を制作して頂き展示します。

参加作家
林玖瞠:漆      えんどうあやこ:刺繍
Egawo:ペン細密画  永井孔美子:陶芸
宮川みさき:日本画  福井悠:日本画

日程:12月6日(火)〜12日(月)
時間:13時〜20時

YOHAKUの服とQURIの絵

yahaku%e7%b5%b5hp
YOHUKU QURI 1st Exhibition
日程: 12月12日(月)ー18日(日)
時間: 12日-16日 13時-20時
    17日(土) 10時-20時
    18日(日) 10時-18時
YOHAKU 着る人が入り込める余白を
     その人の「もの」になる余白を
     一人一人、想いのまま楽しめる余白を
QURI  絵とステンシル

企画展参加者募集

来年春、4月12日(木)〜18日(水)・11日(水)設営ー予定
異なるジャンルの方にお集まり頂く企画展を開催します。
参加頂ける方募集致します。
絵画・イラスト、版画、染織、ガラス、ジュエリー・金工、陶磁器、
彫刻・木工、漆、などジャンルは問いません。
多ジャンルの方、活動エリアの重なりが少ない方で
メンバー構成ができればと考えています。

12月に開催予定の「咲き誇れ」は同種の企画展です。
前回は「春章」、前々回は「イロハ季節」
その他「April Breeze」「karimela!」などがこれまでの企画です。

メールでお問い合わせください、

展示予定

<2016年>
11月15日(火)〜17日(木)鞄展
11月28日(月)〜12月4日(日)ガラス展
12月6日(火)〜12日(月)ギャラリー企画展「咲き誇れ」
12月12日(月)〜18日(日)[2階展示室2]
       YOHAKUの服とQURIの絵

<2017年>
1月17日(火)〜19日(木)子ども服(仮)[展示室1、2]
2月18日(土)〜19日(日)イタリア靴工房展
3月24日(金)〜27(月)近畿大学文化会写真部・写真展
      [全展示室]
3月29日(水)〜4月2日(日)[2階展示室2、3]
      シアン展(絵画・食器・立体)
4月12日(木)〜18日(水)(11日設営) ギャラリー企画展
5月23日(火)〜25日(木)鞄展
10月12日(水)〜15日(日)(9日より準備使用)       
      第12回「陶楽一座」展
10月17日(火)〜22日(日)・16日設営
      東野光男家具展
10月24日(火)〜29日(日)・23日設営
      山上憲一展

※[ ]展示室の記入ない展示は1階展示室です。
※仮予定と記入の日程はキャンセルになっていることがあります。
※前後に搬入・搬出日としてギャラリー予約が入っていることがあります。

沖知樹 ガラス展<終了>

oki-hp

日程:11月29日(火)~12月4日(日) 
時間:11時~20時

ガラスの持つ素材性を大切にし、色様々な透明感のある花器やグラスを中心に展示致します。

ジュエリー展「つもりつもれり」<終了>

つもりつもれりhp
伊丹ジュエリーカレッジ修了生有志9名による、
年に一度ぐらいの展覧会。
制作スタイルの違うメンバーそれぞれが、
自由な発想でつくった作品と共にお待ちしております。

期間:10月26日(水)〜30日(日)
時間:12時〜19時30分(最終日19時まで)
参加作家:
石原明美、奥村京子、ASKA、作田千穂、庄田真弓、
高見文子、兵頭南美、松井智子、南実穂子

山上憲一展 水月Jellyfish<終了>

%e5%b1%b1%e4%b8%8a16%e5%b9%b4hp

10月18日(火)〜23日(日)
12:30〜19:30 日曜日は17:00まで

天井から吊り下げたインスタレーションの展示です。
色の変わるLEDの作品です。

湊久仁子 ガラス展『+α=∞』<終了>

%e6%b9%8adm-hp

日程:10月12日(水)〜16日(日)
時間:11時~19時(最終日は16時まで)

ガラスを制作する時は、沢山の自分に出会い、向き合い、 色んな人楽しい事が心に浮かびます。 回りには、素敵な物を作り出す大好きな仲間がいます。 大好きな事を、大好きな人と。そんな想いを形にしました。 ご来場下さる方から発信される感想や反応で完成する 展示会になれば幸いです。そうぞご高覧下さいませ。 湊 久仁子

三浦吉恵 / みすず細工 千手ワークス / 木工 中島健作 / 詩 
海野のの / 詩 武野康平 / 詩 T+N made / アクセサリー 
雨ふらしカルテット/ 音 VERT DE GRIS / 装飾 
並木清志 / デザイン

y,y otro paso(そして、そしてもう一歩)<終了>

yy-otro-paso-hp

日程:10月11日(火) – 16日(日)
時間:11:00~19:00 最終日16:00

工房 pdv + Mitsuo Higashino Exhibition・東野光男

アイ・ギャラリー4回目の個展です。
色漆の新しい表情のベンチ、スツール、描画色漆版画、小作品を
飛騨高山からお届けします。
パートナー・越智香住の陶彫、器の愛情応援出品も
楽しんでいただけると思います。

Model Aki Group Photo Exhibition[AKI2]<終了>

aki-hp

モデル・カメラマン・ヘアメイクと多岐にわたり活躍されている
AKIさんを約30名のカメラマンが撮影した合同写真展。
AKIさんの写真をプリントした生地を背もたれに採用したソファーなども展示されていました。
500数十名の来場者があったと聞いています。
連日賑わっていました。

10月4日(火)〜9日(日)
10時〜20時 最終日19時まで

奈良芸術短期大学クラフト展<終了>

2016 専攻科展ポスター
奈良芸術短期大学 クラフトデザインコース 
専攻科作品展
メタル/テキスタイル/ウッド/ガラス/ジュエリー/レザー

9月26日(月)〜10月2日(日) 
11時〜19時 初日15時〜、最終日16時まで

大西政徳 小笠原悠 岸本望 草薙彩香
園丸和人 清水夢月 松本紗綾
副手/前原詩乃 招待作家/森本多香子

ai gallery collection<終了>

aicol1608-1

ギャラリーコレクションの絵画の展示。 これまで、アイギャラリーをお使い頂いた方の作品で、 油彩・アクリル画・水彩・版画・鉛筆画・混合技法・染織など様々な技法の作品展示です。 16年8月。

SKIP02/風<終了>

omote4

Photo Circle SKIP は、「写真を撮る・見せるを楽しむ」ことをコンセプトに総合的に写真を楽しむサークルとして、定期的に写真展を開催しております。
9月の写真展は、自由作品展「SKIP 02」とテーマ展「風〜かぜ〜」を同時開催
個性豊かな作品群の展示でした。
多くの方が来られる中、終了しました。

期間:9月18日(日)〜25日(日)
時間:15:00〜20:00、土祝12:00〜20:00
   最終日12:00〜18:00

私の好き展ーグループ写真展<終了>

%e7%a7%81%e5%a5%bd人、風景、物、etc…。14人それぞれの好きを
ギュっと詰めこんだ写真展です

開催時間
11月5日(土) 12:00〜20:00
11月6日(日) 10:00〜18:00

参加者
礼起、ゆり、なっつ、じゅん、ナミ
まゆ、あやの、なお、まぁ、やまった
ゆうか、さやか、ただあき、トシ

アニマルパーティー + 屋根裏の生物<終了>

アニマル2階12f
夏の暑い日が続く中、150名を超える方に来場頂きました。
ありがとうございました。
次は少し肌寒くなる頃に企画展を考えています。

会場風景です。2階はフクロウがにらみとサバが泳いでいます。いずれも新聞紙を使った作品です。
加えて、猫・魚の立体作品、壁面は様々な動物の絵画・イラスト作品の展示です。
1階は革、ジュエリー作品と動物をテーマにした絵画作品の展示です。

animal party + 屋根裏の生物<新聞掲載><終了>

アニマル日日
設営の時に日日新聞に取材して頂きました。参加者8名の内5名の方が写真撮影時に在廊していました。

animal party + 屋根裏の生物<終了>

アニマルDM絵柄hp

ギャラリー企画展「animal party + 屋根裏の生物」
 [1、2階]
7月21日(木)〜27日(水)
13時〜20時、最終日19時まで
Michele AHIRU 前田晋治 鶴澤章子 ゴジ 川瀬大樹 
いぬいさえこ 山城倫子 の8人の方々に参加頂きます。
動物をテーマにした作品の展示で、絵画イラスト・革・ジュエリー・新聞紙立体などの作品を展示します。
ギャラリーの2階展示室の特徴の梁の見える屋根裏に作品を展示します。写真はDM用の仮展示です。

アイギャラリー企画展

詳細は未定ですが、いくつかの企画展を計画中です。
・ 異なるジャンルのアーティストに集まって頂くギャラリー企画展
 [16年11月か12月、17年4月]
 [参加頂ける方を随時募集しています]
・帰るトコロは
・ビシソワーズをどうぞ
・花らんまん
・地中からの声(地下展示室の初企画展です)
・時じくの香の木の実(非時香菓)
※多くの方に参加頂ければと願っています。
 参加願える方は、ご連絡下さい。

conTemporary Jewelry ver.1.2<終了>

cTJ1.2hp

7月16日(土) 11:00-19:00

発展型企画:展示+公開制作 作家2名が、オリジナル作品展示販売の傍らで ジュエリーの原型をつくりながらお待ちしております。 少しでも興味のある方、お気軽にお越し下さい。

今回参加作家: 庄田真弓 + 奥村京子

小鳥遊しほの「#これから展」in大阪<終了>

小鳥遊hp
小鳥遊しほの関西での初個展「#これから展」
前回東京では300人の方に来場頂きました。
[アイギャラリーでは基本的に無料で見て頂けますが、この展示のみ缶バッジの購入が必要です。]

春章・shunshouー異なるジャンルの企画展<終了>

四月風絵柄アウトライン前
活動エリアが違い、扱うアイテムの異なる作家に方にお集り頂く
アイギャラリーの企画展です。
特別なテーマを設定せず、各アーティストの感性のままに、作品を
制作して頂き展示します。

<日程>
4月15日(金)〜21日(木)
13時〜20時(21日・最終日は19時まで)
<参加アーティスト>
辻えみ(油彩画)、辻モトミ(イラスト)、平井拓也(ジュエリー)
蕚淳子(日本画)、湊久仁子(吹きガラス)、巽美由紀(綴織)

Gift〜生きる喜び〜<終了>

ミラクル絵柄DM
清原あゆ美 いそべ初音 ミラクルビューヒーリング二人展
ーミラクルビューヒーリングー
「目があった絵の具を混ぜた色々の中に、錯覚で見えた形を辿って描いたら、一つの答えが浮き出て絵が出来上がる」という奇跡を体験する絵画と癒しの手法。

春章ー新聞掲載<終了>

春章新聞
16日(土)、日日新聞朝刊に掲載して頂きました。
参加作家は6名ですが、設営時に記者の方に来て頂いた時は4名が準備中でした。
21日(木)までが会期です。是非お越し下さい。
13時〜20時(最終日は19時まで)

イロハ季節ーギャラリー企画展<終了>

四月風絵柄アウトライン前

イロハ季節ーirohadoki-
11月24日(火)ー30日(月)
13:00ー20:00(最終日19:00)
多ジャンルの活動領域の異なる方にお集り頂くアイギャラリー企画展です。
継続して開催している企画展で、これまであまり一緒に展示されたことのない方に集まって頂きました。
絵画系作家 ー K.Kough、松本和子、Eri Moon
ガラス作家 ー 吉田延泰
陶芸作家  ー 竹田和代
ジュエリー作家 ー 松田尚子

※アイギャラリーでは、継続して同じスタイルの企画展を開催しています。
上記ジャンルの他、染織・立体・木工・金工・革などジャンルを問わずに参加者を募集しています。
次回は4月開催予定で、参加者募集中です。

CUBEー感覚派フォトセッション<終了>

CUBE-hp

11月20日(金)ー11月23日(月)
11:00ー19:00(最終日18:00)

生まれた場所も、育った空気も、目指す未来も違う・・・
そんな6人が出会い、おりなす
感覚派フォト・セッション『CUBE』

栗原顕一郎/N.YURI/栗原啓子/コダマ/renepascal/rio.ashh

150人を超える来場者があり、連日にぎやかでした。

引き出しの中の落書きー色鉛筆画展<終了>

引出DMfb

Graffiti in the drawer
青木泉 個展 ブログ名:赤いポスト
11月11日(水)〜17日(火)
11日(水)・12日(木)・13日(金)、13:00-20:00
14日(土)・15日(日)・16日(月)、11:00-20:00
17日(火)(最終日)        、11:00-19:00

★幸せを運ぶ赤い郵便自動車が、出会いと別れを乗せた青いバスと一緒に人生という道を旅している絵です。★
強い筆圧で書かれた、柔らかな画37枚の展示です。
obasannolakugaki.blogspot.jp

陶楽一座展 – 第11回<終了>

陶楽一座DM1018 
11月5日(木)ー8日(日)
11:00ー20:00(最終日は17:00まで)
5名の作家による展示です。

「KAGグループ展vol.03 残-ザン-」<終了>

名称未設定-1 [復元]

 開催日:2015年10月20日(火)-25日(日) [2階展示室]
11:00時ー19:00時、最終日は17:00まで
今年で3回目を迎えるKAG(Kansai Analog Group)グループ展。
今回のテーマは「残(ザン)」。 過去開催してきた「はな」「美男子」という明るく華やかなテーマから一変し、少しダークな意味合いを持つ漢字から一文字選びました。
これまで自分が見聞き体験してきた人生の中で残っているものについて見つめなおそうという思いが込められています。
「残」からイメージすることや思いを各作者が表現します。
ぜひご高覧ください。 pixivアカウントをお持ちの方はこちら
●KAG関西アナロググループ http://www.pixiv.net/group/?id=4889