浪速区役所

HOME > 事例集 >  公共建築・学校・事務所  > 

事例集

浪速区役所

自由に活用できる開かれた区役所の提案

公共施設が親しみのあるものになればいいと思っています。  変にお金をかけて立派にするのではなく、目的がないときでも気軽に時が過ごせるような建物があればとの願いがあります。 私が生まれ、今暮らしている場所でのコンペですが、住人としての望みを形にした計画として提案しました。

大阪の中心部は公園がなく、緑の少ない場所です。このような立地から少しでも緑があればとの考えで、 テラスに植栽をし、自由に市民の使用ができるデザインとしました。

残念ながら不採用でした。ガラスと石で覆われたデザインの区役所が完成しています。 整った外観のデザインのよい施設ですが、息が詰まりそうな建物との評判を聞きます。 人間だけでなく共生ということを人工環境の都市部でも考えることが大切だと思います。